学習塾の種類・選び方・経営知識などたくさんの情報をお届け!

学習塾に関する情報サイト 学習塾に関するリンク集
学習塾の種類学習塾選びのポイント学習塾・進学塾の特徴中学受験の学習塾活用法学習塾経営について予備校選びのポイント自分に合った予備校選び

学習塾とは・・・

入塾テストって何・・・? 入塾までの流れ 学習塾Data

学習塾とは主に、小学生や中学生を対象に学習の補助を行う場所です。私立小学校・幼稚園受験スクールも単に「塾」と呼ばれることが多く、今現在は、学校の5教科はもちろんのこと、ピアノ、そろばん、書道、スイミング、野球、etcなど多種多様な「塾」があります。その目的は、学校の授業だけでは完全に理解できない生徒向けの補習や難関校への進学などがほとんどです。生徒が1クラス10人以上の集団授業の塾や、1クラス5人程度の少人数制授業の塾、個別指導の塾など様々です。学校との大きな違いは、まず、義務教育ではないことです。学習塾とは、補習・学力を上げるためのものなので、必ずしも通う必要はありません。

そこで、学習塾側としては、生徒が続けて足を運んでくれるよう、じっくりわかるまで指導をする必要があります。もうひとつは、たくさんの中から自分の目的、嗜好に合ったものを選ぶことが可能なことです。そのため競争起き、各学習塾、より魅力的な学習塾にしようと日々精進している、というのが、現状です。学習塾では主要科目を中心とした学力補強、高度学習が行われています。また、通常の学習ではなく、中学受験、高校受験での第一志望学校に合格することを主な目的とし、生徒たちに受験対策家庭教師や学習塾は一般的に進学塾とも呼ばれ、大手進学塾では、生徒の有名学校への合格実績がステイタスとなっています。学習塾はただ選ぶというものではなく、中学、高校受験の合格を目的とするのであれば、進学塾へ、学校で行われる通常の授業に対してより高い理解を示したいのであれば学習塾というように、目的に合わせた塾選びをすることが、学習塾を存分に生かすための方法となるでしょう。しかし、学習塾に入れば必ず成績がアップするというわけでもありません。有名無名に限らず、いい塾、悪い塾というものは存在していますし、また、生徒個人に合った塾、あわない塾というものも存在します。そして重要なのが、生徒個人にヤル気があるかどうかです。生徒個人にヤル気がなければ、せっかく高い授業料を出して塾に通っても、何も得ることができないでしょう。

お昼寝布団

インターネット学習塾

インターネット学習塾は、普通の学習塾とは違いますが、昔からある家庭学習のための勉強方法の一つです。

指導の方法・形態
生徒一人ひとりに個別のカリキュラムで、送られてきたプリントなどを使って自宅で学習したり、24時間、専門の教師がいるので分からないことがあれば、すぐに質問できるので良いです。

向いている子供のタイプ
・勉強しようという意欲がある子
・物事に集中できる正確の子
・やり始めたら最後までやり遂げる子

インターネット学習塾の長所
・自分のペースで勉強が出来る
・個別に対応するため生成期の良い子はどんどん先取り学習が出来る
・分かっているところは飛ばして学習することも可能
・学習塾と違って、決まった時間に決まった場所へ行く必要がない
・いつでも子供の都合に合わせて勉強ができる

インターネット学習塾の問題点
先生の監視がないため、怠けたければ怠けることができ、勉強しているふりをすることができます。集中力がない子供の場合はすぐに、飽きてしまいます。よほど勉強する意欲がないと、途中で勉強をしなくなって宝の持ち腐れとなる場合もあるので、根気や忍耐力も必要になります。

ご意見・ご感想

Copyright:(c)2008 学習塾Data. All rights reserved.